格安で飛行機予約ができる時期・季節

少しでも安く航空券を買うためには、いつ旅行するかというタイミングが要です。一般的にお盆や正月などの長期休暇の時期はチケットが高くなります。
ゴールデンウィークも同じ程値段が上がります。他にも旅行のシーズンは繁忙期となるため、格安チケットを入手することは難しくなります。

安い時期と閑散期を狙うことが、安く買えるポイントです。旅行先によって、閑散期は異なります。例えばアジアなどの近場であるなら、日本とほぼ同じ季節なので春や秋が旅行シーズンです。寒い時期や夏休みを外した夏に予約をするなら安く買えます。長期休暇が終わった後も穴場です。例えば正月の連休が終わって一週間後も格安で予約できるタイミングです。

別の方法は航空会社のキャンペーンを利用することです。どの会社も閑散期などに格安で飛行機のチケットが買えるキャンペーンを不定期で行っています。こまめに航空会社のホームページをチェックするようにしましょう。会員になると、バーゲン情報が先行して通知してくれることもあります。
飛行機は早めに買う方が割引率は高くなります。出発の日に近づくにつれ値段が上がりますが、直前割引というものもあります。

フライトの直前に空いた座席を安く売るという仕組みです。直前に旅行ができる人はそれほど多くありませんが、思い立った時に安く旅行ができるのは一石二鳥です。誰にでも急にどこかに旅をしたいという衝動に駆られることがあります。航空会社によってはシルバー特典を設けています。
一定の年齢以上の人に割引がある制度です。空席があった場合にのみ利用できることが多いため、繁忙期には利用しにくい点があります。

正規料金のチケットが最初から安く設定している航空会社もあります。料金が安い分、付加的なサービスは一切ありません。
機内食やドリンクなどのサービスがないため自分で用意する必要があります。手荷物や預け荷物にも制限があり、少しでも超過すると超過料金が発生します。

最初は不便に感じることもありますが、慣れると安く飛行機に乗れるのでとても便利です。正規料金よりも安い航空券の場合、様々な制限が課せられていることがあります。予約の変更やキャンセルが一切できないこともあるため、購入時にはよく確認しましょう。
上手に購入できればどの交通手段よりもお得に旅をすることができます。浮いた分で宿のランクを上げることも可能です。