飛行機を安く予約する

格安で飛行機予約をする方法

hafaaa
海外へ旅行を考えたときに、一番金額を抑えたいのは移動手段である飛行機の費用を抑えることです。
勿論移動が長くなるため、ファーストクラスやビジネスクラスが使える程の余裕があればそれでも良いのですが、一般的に言えば多少移動が窮屈でも、安く上がればその分の費用をホテルに回して、少しだけラグジュアリーなホテルを利用したり、美味しいものを食べるために使ったり、お土産を少し豪華にするなど、旅行の本来の楽しみをレベルアップして満喫できるようになるのです。

cow121001726_tp_v1格安での飛行機予約を実現させるためには、いくつかのポイントがあります。その中でもまず考えたいのが、旅行に行く時期についてです。例えば、旅行ができる時期が完全に決まっていて、しかも行き先も希望を変えたくないという場合は、その中でできるだけ安いツアーを探すなどの手段しかありません。
しかしそうではなく、ある程度時期もいくつかの候補があって、行き先も完全にこだわらなくても良いという場合は、かなりのケースでリーズナブルな費用で旅行ができる可能性があります。

まずシーズンですが、国や場所によって旅行者が集まる時期に違いがあります。そのため一概には言えませんが、一般的には年末年始、ゴールデンウィーク、お盆の間と、家族旅行がしやすい春休みや夏休みの時期はどこも高くなる傾向にあります。
そして、韓国や台湾、グアムなどの2泊3日でも旅行ができる近場であれば、金曜日の夜から出発して日曜日の午前の便で帰国できることから、週末は閑散期であっても高くなる傾向にあります。

つまり安く旅行をするためには、ハイシーズンを除いた月曜日から木曜日のタイミングが狙い目です。さらにその中でも、旅行会社によって利用できるホテルなどの違いがあるため、料金に差が出てきます。例えば大手格安旅行会社では、安く提供できる部屋の情報がホテル側からたくさん届けられるため、安いツアーを組みやすくなります。
そのことから、インターネットで比較していくことが重要となります。

gazou-55それに付け加えて、さらにリーズナブルな旅行を実現できる方法があります。
それは、出発間際の格安ツアーを狙う方法です。ホテルや飛行機は、キャンセルが出ることがよくあります。
さらに閑散期には、最初から埋まらないホテルの部屋もあります。このような空いている座席と部屋を組み合わせて、安いツアーを組むことがあるため、出発間際にはかなりの安いツアーを見つけることができるのです。
ただし、予定に余裕がないと難しいかも知れませんが、情報を集めておけば、行けるタイミングがマッチすれば、かなりお得に旅行が楽しめることでしょう。

▼航空会社の運行情報確認サイト▼
航空会社の飛行機予約~運行状況までチェック

少しでも安く航空券を買うためには、いつ旅行するかというタイミングが要です。一般的にお盆や正月などの長期休暇の時期はチケットが高くなります。
ゴールデンウィークも同じ程値段が上がります。他にも旅行のシーズンは繁忙期となるため、格安チケットを入手することは難しくなります。
安い時期と閑散期を狙うことが、安く買えるポイントです。旅行先によって、閑散期は異なります。例えばアジアなどの近場であるなら、日本とほぼ同じ季節なので春や秋が旅行シーズンです。寒い時期や夏休みを外した夏に予約をするなら安く買えます。長期休暇が終わった後も穴場です。例えば正月の連休が終わって一週間後も格安で予約できるタイミングです。

別の方法は航空会社のキャンペーンを利用することです。どの会社も閑散期などに格安で飛行機のチケットが買えるキャンペーンを不定期で行っています。

こまめに航空会社のホームページをチェックするようにしましょう。会員になると、バーゲン情報が先行して通知してくれることもあります。
飛行機は早めに買う方が割引率は高くなります。出発の日に近づくにつれ値段が上がりますが、直前割引というものもあります。

フライトの直前に空いた座席を安く売るという仕組みです。直前に旅行ができる人はそれほど多くありませんが、思い立った時に安く旅行ができるのは一石二鳥です。誰にでも急にどこかに旅をしたいという衝動に駆られることがあります。航空会社によってはシルバー特典を設けています。一定の年齢以上の人に割引がある制度です。空席があった場合にのみ利用できることが多いため、繁忙期には利用しにくい点があります。

正規料金のチケットが最初から安く設定している航空会社もあります。料金が安い分、付加的なサービスは一切ありません。機内食やドリンクなどのサービスがないため自分で用意する必要があります。手荷物や預け荷物にも制限があり、少しでも超過すると超過料金が発生します。

最初は不便に感じることもありますが、慣れると安く飛行機に乗れるのでとても便利です。正規料金よりも安い航空券の場合、様々な制限が課せられていることも・・・予約の変更やキャンセルが一切できないこともあるため、購入時にはよく確認しましょう。
上手に購入できればどの交通手段よりもお得に旅をすることができます。浮いた分で宿のランクを上げることも可能です。

格安で飛行機予約をするコツですが、誰にでもでき、しかも非常に分かりやすい方法があります。それは、できるだけ早く行うことです。
いわゆる早得とか早割などと呼ばれている運賃がそれで、早く発券すればするほど安くなっています。

だいたい、2ヵ月前とかそれくらいの時期に発券することで、普通運賃から70%引きや80%引きになっていることも少なくありません。
もちろんここまで安いのは一部の区間、一部の限定日だけということが多いですが、例えば東京と札幌間の航空券であれば、普通運賃では往復で6万円くらいはするところ、2ヵ月前に発券すれば往復で2万円程度ということが多く、この場合でも値段は三分の一程度ですから70%引きに近いということになります。

ただし、このような運賃はいろいろと制約がありますので、それには気をつける必要があります。いくら格安で予約するコツが分かっても、それをうまく活用できなければ意味がありません。まず、基本的にフライトの変更ができないということです。
普通運賃であれば、予定が変わったときなど、とくに手数料を支払う必要なくフライトを別の便に変更できます。当日中はもちろんのこと、別の日に変えるようなことも自由です。ところが早得とか早割と呼ばれる運賃ではそれができません。

航空券の種類によっては、当日空港にて、予定していたフライトよりも前の同一路線の便に空席があれば変更可能なものもありますが、この運賃ではそれもできないのです。本当に航空券に表示されているそのフライトだけに有効ということです。

ですから、スケジュールの変更があるかもしれない場合、ありそうな場合はこのような早得や早割運賃は使わないほうがよく、割高にはなっても普通運賃その他、スケジュールが変わったときにはフライトも変更可能な運賃を選択するほうがよいでしょう。

ちなみに、どうしてもそのフライトに乗れなくなった場合、変更ができない以上は取り消して払い戻すしかありませんが、このときの手数料は決してばかにはなりません。払い戻しを行う時期にもよりますが、最低でも30%程度の手数料がかかることを覚悟する必要があります。

航空会社によっては、あるいは航空券の種類によっては、変更も払い戻しもできない航空券というものも存在しています。そのあたりの事情も十分に把握したうえで、自分にあった飛行機を予約するのが格安航空券をうまく使いこなすコツということができるでしょう。

少しでも安く航空券を買うためには、いつ旅行するかというタイミングが要です。一般的にお盆や正月などの長期休暇の時期はチケットが高くなります。
ゴールデンウィークも同じ程値段が上がります。他にも旅行のシーズンは繁忙期となるため、格安チケットを入手することは難しくなります。

安い時期と閑散期を狙うことが、安く買えるポイントです。旅行先によって、閑散期は異なります。例えばアジアなどの近場であるなら、日本とほぼ同じ季節なので春や秋が旅行シーズンです。寒い時期や夏休みを外した夏に予約をするなら安く買えます。長期休暇が終わった後も穴場です。例えば正月の連休が終わって一週間後も格安で予約できるタイミングです。

別の方法は航空会社のキャンペーンを利用することです。どの会社も閑散期などに格安で飛行機のチケットが買えるキャンペーンを不定期で行っています。こまめに航空会社のホームページをチェックするようにしましょう。会員になると、バーゲン情報が先行して通知してくれることもあります。
飛行機は早めに買う方が割引率は高くなります。出発の日に近づくにつれ値段が上がりますが、直前割引というものもあります。

フライトの直前に空いた座席を安く売るという仕組みです。直前に旅行ができる人はそれほど多くありませんが、思い立った時に安く旅行ができるのは一石二鳥です。誰にでも急にどこかに旅をしたいという衝動に駆られることがあります。航空会社によってはシルバー特典を設けています。
一定の年齢以上の人に割引がある制度です。空席があった場合にのみ利用できることが多いため、繁忙期には利用しにくい点があります。

正規料金のチケットが最初から安く設定している航空会社もあります。料金が安い分、付加的なサービスは一切ありません。
機内食やドリンクなどのサービスがないため自分で用意する必要があります。手荷物や預け荷物にも制限があり、少しでも超過すると超過料金が発生します。

最初は不便に感じることもありますが、慣れると安く飛行機に乗れるのでとても便利です。正規料金よりも安い航空券の場合、様々な制限が課せられていることがあります。予約の変更やキャンセルが一切できないこともあるため、購入時にはよく確認しましょう。
上手に購入できればどの交通手段よりもお得に旅をすることができます。浮いた分で宿のランクを上げることも可能です。

格安で飛行機予約を行うならば、LCCを選択肢から外すことはできません。しかしながらLCCも使い方をまちがえてしまうと通常の航空券より割高になってしまう場合があります。そうならないように知っておきたいいくつかの情報があります。

1つ目は必ずインターネットより予約を行うということです。電話や空港のカウンターでも予約は出来ますが、人件費を使わないことにより費用を削減しているため、インターネットからよりも高額な費用がかかってしまいます。また、インターネットより申し込んだにも関わらず、発券番号を当日忘れてしまった際も空港カウンターでの発券手数料が取られるようですので注意が必要です。

2つ目は座席指定、預け手荷物が有料だということです。座席指定は親しい人同士ならば近くに座りたいと思われるのが一般的ですので、事前に座席指定料を調べておく必要があります。また、預け手荷物については、非常に細かく燃費の計算を行なっているため、当日預けるよりも事前に申請した方がかなり安くすみます。
しかしながら、事前に申請した場合でも通常の飛行機よりは高額です。事前に宅配便で荷物を旅行先に送る選択肢もよいかと思われます。

3つ目は遅延や欠便についてです。LCCは一つの路線を同じ機材で往復することが多いため、遅れが一つ発生してしまうとその次も遅れてしまうため遅延が発生しやすいです。また、予備の機材をほとんど所有していないため、機材トラブルが発生した場合にはその機材を使用する予定だった便が全て欠航になってしまう可能性もあります。欠便時に他社への振替運送を行うことは出来ません。

欠便時の払い戻しも後日使用出来る航空会社の金券という場合もあり、手厚い補償を希望する場合、加えて補償料が必要になります。
4つ目は時間に余裕を持つということです。LCCのチェックイン締切時間は搭乗ゲートより飛行機までの距離が遠いこともあり早めに設定されています。
また、荷物を預ける際には費用がかかってしまうため手荷物を機内持ち込みする人が多く手荷物検査にも時間がかかります。
そのためギリギリで手荷物検査を受けようとすると非常に混み合います。

LCCは格安での旅行の際に非常に有効な選択肢となります。また、各社セールを行っている場合もあり、それを利用することにより、さらに格安にて旅行が出来ます。しかしながら、安いがためのトラブルに見舞われることもあります。そのため、事前によく調べた上で心に余裕を持つことが必要かと思われます。