天候の悪化で恐怖のフライト

先日、仕事で出張があり飛行機に乗る事になりました。
今まで出張と言っても新幹線での移動が大半だったので、飛行機に乗る事が久しぶりで少し緊張していました。

取引先の会社が北海道だったので行く予定だったんですが、出張とは分かっていても観光気分になってしまいます…。
北海道には初めて行くので、何を食べようかな、とかお土産は何にしようかな、とか色々と考えていました。

出張当日、あいにくの雨で少しテンションが下がりましたが、チェックインを済ませて本を読みながら出発時間までの間暇を潰していました。
時間になり、機内に乗って待っていると外は大雨…。
信じられないくらいの雨が降っていたのです。
「こんな天気で大丈夫なのか…」と少し不安になりましたが、そのまま本を読み続けていました。
気がつくとフライト時刻が過ぎていました。
その後アナウンスがあり、大雨で出発が遅れているとの事です。
仕方ないな、と思いまた本を読んでいると30分後くらい経った頃に離陸を始めるとアナウンスが入りました。
まだまだ雨が振っていたので大丈夫かな、とも思ったのですが機長が言うなら間違いないと思ったので、また本を読み始めました。

離陸して15分後くらい経った頃、睡魔が襲ってきて寝る事にしました。
どの位の時間が経ったかわかりませんが、前に座っていたおばちゃんの声で目が覚めました。
「何だ?」と思っていると、飛行機がかなり揺れたんです。
ビックリしてキョロキョロしているとアナウンスがあり、天候が悪く風が凄い吹いているらしく機体がグラグラと揺れてしまっているのだそうです。
右に左に傾いたり、下にいきなり下がったりとまるで絶叫マシンに乗っているみたいな感じです。
自分は絶叫マシンが苦手なので、恐怖でパニック寸前でした。
他の乗客も取り乱している人もいれば、寝ていたりボーっとしている人まで様々です。
隣に座っている女性は必死に座席の手すりに掴まっていました。
前に座っているおばちゃんは泣いていたようです。

30分くらい経った頃、空が明るくなったかと思ったら、飛行機も安定し出したのです。
助かった…と本当に思った瞬間です。

久しぶりの飛行機でこんな体験をするとは思ってもいなかったので、すごくテンションが下がるとともに、帰りの飛行機が恐怖で仕方無かったです。
北海道に着き、少し心を落ち着かせてから取引先の会社へ行きました。

帰りの飛行機は何も問題なく乗る事が出来て安心したのですが、もう飛行機には乗りたくないと本当に思いました。
北海道に出張が決まったら誰かに代わってもらいたいです…。